続・階段を楽に登る

階段を楽に登る。
http://oka-hatu-ken.at.webry.info/201111/article_2.html
11月19日の続きである。

驚くほど簡単にできるので活用してください。

階段を登る時、主に使われる筋
・脊柱起立筋
・大臀筋
・大腿四頭筋

リアルな画像のネッター解剖学図鑑











 脊柱起立筋




大臀筋 .



大腿四頭筋 .



筋力アップも必要なことだが、最も大切なことは一連の動作を支える筋がバランス良く収縮して滑らかな動きを実現することだ。

その方法は非常にシンプルである。
・手を後ろに組み、手の甲で骨盤から腰にかけての皮膚を持ち上げる
・強い圧迫は必要なく服を持ち上げるような感じで良い
・登るタイミングに合わせて体幹を押し上げるようにおこなう
・コツは押し上げる時だけ作用させ、下げる時は何もしない

スタッフは孫のイッちゃん。
恥ずかしいとモデルを拒否した姉ちゃんの代役をみごとに演じてみせた。 
前かがみでなく、正しい姿勢が保たれている。


注意/手を後ろに組み階段を登るので、脚力の弱い高齢者や疾患痛がある、又はバランスを保てないなど問題のある場合は避けてください。

キム