百円ショップの老眼鏡

平素は、遠近両用メガネを使用しています。
けれども、このメガネで不便に感じるのがパソコンを操作する時です。
そこで工夫したのが、メガネを吊り上げて老眼鏡を主にする方法でした。
・遠近両用メガネ
http://oka-hatu-ken.at.webry.info/201107/article_3.html

画像


ところが、「もっと簡単な方法があるよ」、当会の前々会長・瀧さんから教わりました。
どうするかと言うと、遠近両用・近視メガネの上から百円ショップの老眼鏡を重ねて、二重メガネにします。

画像


まず最初に省けないテストが、左右交互に片目づつ見比べて差がないことを確認することです。左右の見え方が異なると、目の疲労が増大するからです。

実際に使用してみると、文字が大き目に見えて読みやすいのと、老眼鏡の限られた焦点距離をあまり気にしなくても良いという、二つの利点がありました。
あくまで私の感想ですので、今の視力が続いている間は、この方法もありかなと思っています。

百円ショップでは、ついついお得感を刺激されて、いくつも老眼鏡を買ってしまいました。
勿論のことですが、もっと便利にできないかと、あれこれ、やらかしています。

画像

画像


初めてメガネをする人にとって、百円メガネは特に注意が必要です。
左右の視力検査をすると度数が違うのが一般的です。しかし、このメガネは左右が同じ度数です。眼疲労や思わぬ弊害などを招くかも知れません。

もし初めてのメガネなら専門店や量販店に行く前に、眼科検診をおすすめします。眼科では、視力測定(近視・老視)、乱視、視野、角膜、瞳孔、眼底、眼圧、疾患、などの異常の他に、メガネレンズのUVカットや乱反射コートにも応じてくれます。

私のメガネは、何年かすると見づらく感じたり、不注意で壊したり、その度に新しく買い替えるハメに陥ります。
視力が気になる時は眼科検診をして、この視力表を提示して新しいメガネを作っています。
でも、眼科のお医者さんに二重メガネのことは、叱られそうで話しません。

キム