多色ボールペン

多色ボールペンを買いに文具屋へ。欲しかったのは、4色のカラー芯でボールが0.5mmです。けれども、ずらりと並んだ多種多様な商品から探すのが大変でした。これがいいか、あれがいいかと迷い出すと止まりません。

気が付くと背中にあった広めの陳列台が自由に選んで作るボールペンでした。この場合には、カラーは16色、線の太さは3種、フォルダーも多種あって、一見して選択肢が多いだけ余計に迷いそうです。



最初に選んだのはフォルダー。ピンからキリまで@価が分かれていて、当然、そのキリから中身が見える透明を選択。カラーも決まっていて、黒・赤・青・緑の4色。ありふれたパターンです。作業台から効率よく部品を集めるように即断即決して、秒殺でレジへと向かっていました。



自由に選んで作るということは、計画どおりに作るのと共通しているのかも。

キム