CPUグリス交換

シリコングリスを買いました。
総称はCPUグリスで、CPUの熱を効率的に伝導して冷却を助けます。



グリスが硬化すると熱交換が低下するので、定期的に4・5年くらいで塗り直すか、以前より熱く感じるようなら交換する必要があるようです。

CPUクーラーの古いグリスを拭き取ります。



CPU側も同様に拭き取ります。



少量のグリスを薄く均一に塗ります。



この方法は、初心者にお勧めと書いていました。

慣れると適量を中央だけに塗ってもできるようです。

CPUクーラー、冷却ファン、フードを取付けて、完了です。



今回、たまたま分解掃除して分かったのは、このグリスのこと、硬化すると熱伝導が低下すること、グリス交換が必要なこと、寝耳に水の事実でした。

専門技術者やオタクを除いて、パソコンを常用している一般ユーザーは、知らぬが仏で新品に買い替えてくれる有難い存在かも知れません。
CPUグリスという名称が判明しただけでも、また一つ勉強になりました。

最後に電源を入れて確認です。
アイドリングから再起動するのを繰り返し3回おこない、DVDも再生しました。
いいですね。「アナと雪の女王」 ありの~ままの~



キム