股割りしたら…

再び、百均の杖が必要な事態になりました。
今回の歩行困難は、脚の付け根の股関節痛です。
イスに座るのも辛くて、杖で直立するのが楽チンな姿勢でした。

筋肉テストすると、内転筋を損傷しているのが判明。
この筋肉は、太ももを内側に閉じる筋で、お相撲さんが股割りでヒイヒイ言うやつです。
タイトル通り、これが原因で、百均杖のお世話になりました。



近ごろは、運動不足で股関節も開き辛くなっていました。
股割りストレッチしても以前のように開きません。
出来ていたことが出来ないと、悪いクセでどうにかしようと焦ります。
どうしたかと言うと、マットを「へ」の字に曲げたら下半身が収まりました。



このマットは、お餅のような弾力があって復元力にも優れています。
驚いたことに、前屈や回旋など適当に動かしていると、気付かないうち開脚を促すように復元します。

そこで閃いたのが「股割りマット」のアイデア。
マット中央部を伸縮可能な蛇腹にすると、「へ」の字に曲げても復元します。
やったね。珈琲とメモを用意して、再びストレッチ。



しかし、アイデアを色々思案していると…
つい夢中になってしまい、やり過ぎに気づくのに10分以上が経過。
しかもストレッチ中に外から力が加わり、予想外に危険だったのです。
もし、この商品が発売されたら、きっと損害賠償請求で大変な事態に…

今まで単純発想と早合点で、何度、痛い思いをしてきたことか。
しかし、この程度では、まだまだ懲りません。
どうしてかと言うと、それがありのままだから。

キム